定年退職を向かえた人に、定年退職後の生き方や、楽しみ方を紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、年金(厚生年金)の受給年齢が65歳に引き上げられることもあって一般企業の定年退職は65歳に変わりつつあります。リストラが当たり前の今の時代、定年まで働けるというのは本当に人を
大切にしている会社といえるでしょう。



一般企業でも定年があるように公務員でも定年があります。しかし公務員の定年退職する年齢は、職種によってずいぶん違います。


国家公務員の場合、事務系職員は60歳、事務次官でも62歳となり、研究所や試験所の所長や検疫所などの医師は65歳と職種によってバラバラなのです。


最高裁判所、簡易裁判所の裁判官だけはなんと70歳と高齢ですが、これは職務の特殊性によるものでしょう。自衛官は階級によって、53~62歳と定年退職年齢に差があります。53歳とはずいぶん早い定年退職ですね。


地方公務員の定年退職年齢は、現在のところ、6級以下は57歳、5級以上は60歳です。しかし、国家公務員の定年退職年齢に続いて、地方公務員も2013年までには60歳に定年退職年齢が統一されるといわれています。二年ごとに1歳ずつ延長される予定らしいです。ちょっと不公平な感じもしますね。国家公務員は定年退職後、男性の約65%、女性の約48%は何かしらの職について働いているそうです。


再任用される割合も高く、民間企業へ再就職する場合も、所管府省庁の斡旋と先輩・友人・知人の紹介が全体の六割以上を占めていて、ハローワークや転職支援サービスなどの利用は一割程度でしかありません。


やはり、国家公務員の定年退職後の再就職は民間人より、かなり有利だといえるでしょう。地方公務員も定年退職後は、再任用職員や再雇用嘱託員として働く人数が増えています。


また、役職の高い地方公務員の場合は、県の指名斡旋で関連する民間企業などに再就職するケースも多くみられるのです。全ての天下りが不正なものではないでしょうが、定年退職後、再就職先に困っている民間人は非常に羨ましく映りますね。天下りを規制する法案が早く可決されてほしいですね。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。