定年退職を向かえた人に、定年退職後の生き方や、楽しみ方を紹介します。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
定年退職に欠かせないのが退職時のスピーチです。これはほとんどの会社が行っていることでこの文章を読んでいるあなたも行わなければならないのではないでしょうか?



定年退職の時の挨拶のやり方にも、その人の個性が出ると思います。日頃、人前でスピーチする機会があまりない人でも、定年退職の時の挨拶くらいはしっかりスピーチしたいものですね。


それには、まず、事前にスピーチ内容を考えておき、何度か声を出して練習しておくとよいでしょう。自分では気づかないことが多いので、友人や奥さんに聞いてもらい、アドバイスをもらったほうがよりよいスピーチになります。


スピーチのコツは周囲の人への感謝や励ましなどをできるだけ自分の言葉で表現することです。定年退職の時の挨拶の例文などもたくさんありますが、決まりきった言葉の羅列だけでは、自分の本当の気持ちは伝わりません。


なるべく、自分の言葉で話すようにしましょう。また、社外でお世話になった方には、葉書やメールで定年退職の挨拶をするのも、社会人としての最後のけじめです。その場合は、感謝の言葉と共に、いつ定年退職を迎えたのか、何という会社を定年退職したのかなどを忘れずに明記するといいでしょう。


これも、本などに掲載されている定年退職時の挨拶をそのままコピーするのではなく、一言二言、自分の気持ちを書いたり、イラストや写真を使ったりして、個性を出したいものです。間違っても、定年退職する会社の悪口や愚痴などを書いたりしてはいけません。飛ぶ鳥跡を濁さずです。


相手を不快にさせるだけでなく、自分にとってもマイナスになります。定年退職の時の挨拶は、いわば、最後の大仕事ですから、できるだけスマートに爽やかな印象を残せるように心がけてください。定年雇用制がなくなりつつある現在、リストラが横行する今の世の中、無事に定年まで勤め上げ、定年退職の挨拶ができるというのは幸せなことなのかもしれませんね。

人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。